HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > SIMフリーを利用する際の注意点とは?【auのガラケー編】

格安スマホ・MVNOまとめ

SIMフリーを利用する際の注意点とは?【auのガラケー編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auのガラケーのSIMカードで利用なSIMフリー機種は限られています。
一般的にSIMフリーと言えばどの通信キャリアでも利用出来ることをうりにしているのですが、周波数帯や通信方式が特殊なことが多いauでは利用ができない端末がかなりの数ありますので注意が必要です。

対象のガラケーはau

auのガラケー用のSIMカードが使える機種は基本的にはauで販売されているガラケーが対象です。ただし、SIMロックがかかっている端末は他の通信キャリア端末とは違って、利用にあたってショップにて利用開始の手続が必要です。

カードを刺しても認証されない場合には特にショップで手続がされていない端末であることが多いです。ただし、SIMフリー機の場合は手続き無しで利用できることが多いです。
auの機種は他の通信キャリアと違ってCDMAなどに対応しており、特別仕様となっています。

そのため、SIMフリーとして販売されている端末でも利用できない端末の方が多いです。
また、周波数帯も800Mhz帯に対応していないと、もっとも使いやすい周波数帯が利用できないなど問題が発生しやすい状況になります。

NTTドコモと共に800Mhz帯を使えるのがメリットの通信キャリアであり、建物内部や山間部でも使える周波数帯ですから選ぶ際は対応端末を選びたいものです。

基本になる端末

7--19

auで利用出来る端末はauから販売された端末が基本です。
ただし、SIMフリー化されている端末も利用できます

SIMロックが外されている場合は他の通信キャリアでも利用できますのでお得なMVNOも利用可能となります。MVNOについてはau系の通信回線を利用しているMVNOもありますので利用範囲はひろくなってきています。

端末についてはiphoneの6以降は端末が別れておらず、1つの機種ですべての通信キャリアに対応できるようになってきていますが、周波数帯が異なることもあるので選ぶ際は注意が必要です。

対応機種かどうかの確認を忘れずに

携帯電話についてもSIMフリー端末が販売されるようになっていますが、CDMA形式に対応してない場合も多いので注意が必要です。また、SIMカードによっては端末に入れても対応しない場合もありますが、プラン変更と合わせてカードの変更がショップでできますので契約を維持したまま端末の入れ替えが可能です。

ただし、手数料がかかること、プランによっては旧プランよりも高い料金になってしまう、通話料金が高いことが多いので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加