HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 通信容量無制限の格安SIM!利用の際の注意点とは?【動画視聴編】

格安スマホ・MVNOまとめ

通信容量無制限の格安SIM!利用の際の注意点とは?【動画視聴編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近話題になっている格安SIM。その名の通り格安料金で通信サービスを提供しています。
中には通信容量無制限のサービスを提供している事業者もあります。

それを使えば「動画も見放題」と思うかもしれませんが、実は注意すべき点もあります。
ここでは、その注意すべき点について解説します。

速度が遅い

格安SIM(MVNO)のサービスでは、はっきり言って通信の質を期待してはいけません
期待し過ぎて契約すると、ほぼ間違いなくガッカリします。
中には「騙された」「詐欺だ」というような感想をもってしまう人もいます。

それくらいMVNOのサービスというのは、事業者の宣伝文句と実際のサービスに差がある場合が多いのです。とにかく速度が遅いのです。MVNOに速度を期待してはいけません。

快適に通信ができるのは、夜の2時くらいから早朝まで、また平日の昼間くらいだと認識しておいた方がいいです。夜の誰もがインターネットを利用する時間帯は、まず動画を見るのは無理だと思っていた方がいいでしょう。

祝祭日などは午前中でも通信速度が厳しくなります
このような事情がありますから、無制限を謳うサービスといっても、単純に動画見放題というわけにはいきません。いつでも快適に動画を閲覧したいという場合は、MVNOではなく大手キャリアの通信サービスなどを利用した方が賢明です。

格安SIMが向いている人

7--5

格安SIMサービスが向いている人は、主に深夜や平日昼間にインターネットを利用する人です。こういう人ならば、まさに無制限でインターネットし放題、動画も見放題のパラダイス状態になります。

料金もMVNOの使い放題なら2000円から3000円くらいですから、大手キャリアの無制限サービスに比べれば圧倒的に安いです。
利用時間帯がマッチするなら、MVNOを利用する価値はあります。

契約する際は違約金の有無に気をつけよう

MVNOの通信無制限サービスには、解約時に違約金を取る事業者もありますから注意が必要です。たとえば2年間の継続利用が契約条件で、それに満たない期間で解約する場合は違約金を請求するという事があります。

それを知らずに契約して、通信速度が遅いのにショックを受けて即座に解約しようとしたら、違約金の存在に気づいて悔しい思いをしたというケースが多いです。
速度は遅いわ違約金を取られるわで踏んだり蹴ったりの悲惨な状態になりますから気をつけましょう。

また違約金が存在しないサービスもあるので、初めてMVNOを使う方はそれで試してみるといいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加