HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > 携帯代節約のためにうまくWiFiを活用する方法

格安スマホ・MVNOまとめ

携帯代節約のためにうまくWiFiを活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ無制限プランを除けば、毎月使えるデータ容量はたいていのプランで決まっています。その上限で毎月やりくりをしなければいけません。

そこで今回は、データ量を節約するためのうまいWiFi活用法を紹介します。

目次

フリーWiFiスポットは絶対に見逃したらダメ

近年では、街のいたるところにフリーWiFiスポットがあります。駅、ファーストフード店、コンビニエンスストアなど本当に様々な場所でフリーWiFiスポットが使える時代になりました。

せっかく、無料でWiFiが使えるのなら、使わないと損です。フリーWiFiスポットの名前の通り、いくら使っても無料です。どんなに大容量のデータをしようが、無料なんです。フリーWiFiスポットによっては、ユーザー登録やログインといった手順が必要になるものもありますが、無料で使えるのなら登録することは大したことではありません。それよりも、毎月契約したデータ容量を使いすぎてしまって、速度制限がかかるよりかはマシです。

ただ、フリーWiFiスポットを使う上で注意しなければいけないのがセキュリティーの問題。セキュリティーさえ管理していれば問題ありません。

自宅のWiFiを使っている時はモバイルデータをオフにする

gatag-00012662

続いて、皆さんがよく使うWiFiであろう自宅のWiFi。おそらく、ほとんどの人が自宅に固定回線やポケットWiFiといったWiFi環境があると思います。

自宅のWiFiによって、使える容量は違ってくると思いますが、自宅にいる以上、WiFiが使えます。したがって、その環境ではWiFiだけを使うようにします。

しかし、いくらWiFiを使っていても、電波が入りにくい場所にいる時などは自動的にWiFiからモバイルデータに切り変えて通信をする端末もあります。

そうなれば、気づかないうちにモバイルデータを使用していて、あっという間にデータ上限に達してしまう可能性があるので、WiFi環境下では自動的にモバイルデータに切り替わらないようにあらかじめオフにしておきましょう。

有料WiFiは使わなくていい

また、場所によっては毎月幾らか料金を支払うことでWiFiが使えるものもありますが、料金を払っていたら携帯代の節約にはならないので、有料WiFiスポットは使わないでおきましょう。

あくまでも、節約のためなので街中ではフリーWiFiスポットだけを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加