HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > SIMフリーガラケーとスマホを比較!機能の違いや日本語対応は?

格安スマホ・MVNOまとめ

SIMフリーガラケーとスマホを比較!機能の違いや日本語対応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリースマートフォンが人気ですが、国内ではガラケーも根強い人気があります。
主に通話やメール用途であり、スマホやタブレットと併用するケースが多いです。
SIMフリーガラケーは、日本語対応しているのかを確認してから使うと良いでしょう。

SIMフリーガラケーについて知っておく

スマートフォンは、キャリアで販売されている物とSIMロックがされていないSIMフリーの物が存在します。一方で、従来型の携帯電話においても両方が入手可能であり、SIMの挿入方法はスマートフォンと同じです。

SIMフリーの携帯電話に関しては、開発しているメーカーが少ないですので選択肢は限られますが、スマートフォンと2台持ちしたり、Wi-Fi機器の回線として使うといった事も可能です。

SIMフリーガラケーの機能について

7--18

スマートフォンと比較しますと機能は限定されています
通話とメール、Webサイトの閲覧といった事に絞って使いたいという人にとっては適した製品であるでしょう。

一方で、アプリを追加して機能強化を図るといった使い方にはあまり適していませんので、そのような使い方をする際にはスマートフォンも用意しておいた方が良いです。

注意する事は、購入予定の機種がどの回線に対応しているのかという事です。
国内では3つのキャリアの回線を主に使っており、MVNOが提供している格安SIMもこれらの回線がベースになっています。

3GからLTEまで色々なタイプの回線がありますので、利用者にとって料金面で使いやすい回線を選択していくのが良いです。
その為、選択した回線に対応した機種を選ばなければいけません

SIMフリーガラケーは日本語対応しているのか

国内で販売されているSIMフリーガラケーは日本語対応していますので、安心して使う事が出来ます。
近年では、スマートフォンで使われているプロセッサやOSをベースに従来型の携帯電話として開発された製品が登場していますが、通話やメールといった用途に絞った場合、携帯電話の方が使いやすいです。

日本語対応している事によって、ハードウェアキーで文字入力ができ、かつての携帯電話の入力方法で文章を打つ事が可能ですので、フリップ入力が苦手な人でもメールを書きやすいでしょう。

キャリアで販売されている携帯電話はSIMロックがされていますので、基本的には対応キャリアの回線プランを選択する事になりますが、SIMフリーはそのような点で海外で使う際に現地のSIMを使う点で利便性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加