HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 便利!安い!格安simとおすすめの端末は?

格安スマホ・MVNOまとめ

便利!安い!格安simとおすすめの端末は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安simを選ぶにも業者が多すぎて、どれを選べばいいか分からない人も多いと思います。
またインターネットでおすすめ端末と入力して検索してもたくさんあり、サイトによりまちまちです。
これらは紹介した人の主観で選んでいるからです。

では簡単に格安simを選ぶ基準とおすすめ端末を選ぶ基準を紹介します。

格安SIMのプラン

格安simは今やたくさん市場に出回っていますが、基本的な通信方法は大手通信会社の回線を借りているため速度は若干遅くなりますが、普通に使用するには全然問題ありません。
大手携帯会社の半分以下の通信費でスマートフォンを持つことが可能になります。

選ぶ基準はプランです。携帯会社のような複雑なプランはありません。
格安simは2種類あります。
一つは通話とネットなどのデータ通信もしたい人向け、二つ目はネットなどのデータ通信のみでよい方。
スマートフォン以外の従来式携帯電話を持っている人はデータ通信のみのプランを選ぶ人が多数です

格安SIMの料金

通話付きかデータ通信かで料金はかかってきますが、大手通信会社も格安simに参入しており月900円から1600円でしようできますのでお勧めです

その大手通信会社のおすすめ端末もセットでお得に販売しているので端末も検討しているかたにもお勧めします。
スマートフォン以外の従来の携帯をお持ちの方はデータ通信のみで十分ですのでこの大手通信会社の900円プランをおすすめします。
通話もつけたいという方は電話番号も変わりますが1600円ぐらいで使えます。

中には番号を変えたくないという人もいると思いますが、MNPというサービスを使えば従来通りの番号を使用することも可能ですが、業者により手続き方法や料金が変わります。

オススメの端末

おすすめ端末はその人の使用目的などで変わってきますので、これだというのは難しいです。
あえてお勧めするなら、通信回線がLTEや4Gに対応しており通信処理速度が2GB以上、容量が32GBでOSのバージョンが最新の端末です

先に上げた性能はグレードで言うと中間に値します。
それ以下の性能ですと端末の価格は安くなりますが処理速度が遅くなりますので、アプリをたくさん使いたい方には向きません。
上位モデルになると値段が高いだけあって性能ももうしぶんないです。

普通にストレスなくアプリもそこそこ使えるおすすめ端末はさきに紹介しました中間グレードに値するモデルです。
価格は19800円前後ですのでコスト的にもお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加