HOME > すべての記事 > 格安SIMで通話したい! > 格安SIMガラケーの特徴とサービスをご紹介します!【通話し放題って本当?】

格安スマホ・MVNOまとめ

格安SIMガラケーの特徴とサービスをご紹介します!【通話し放題って本当?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMの中には、通話し放題プランを提供している会社もありますが、その多くはスマートフォンの利用を想定したものがほとんどです。

しかし、提供されているサービスによってはガラケーでも利用することができる可能性があります。上手にこのサービスを利用するためには、格安SIMの特徴とサービスを理解することが必要です。

格安SIMのガラケーでの利用について

格安SIMで利用するためには、その回線で利用ができるものを用意する必要があります。
そのうえで、データ専用のものなど様々な種類もありますが、電話番号とSMSがついたものを契約する必要もあります。

電話番号付きのものであれば、音声通話とSMSは問題なく使うことができます。
ただし、契約した格安SIMに通話し放題プランがあったとしてもスマートフォンで利用する場合に比べて利用できるサービスに制限があります。
さらに、性質上データ通信を活用したサービスは利用することができません

電話回線を利用した通話し放題について

7--7

この接続方式はガラケーでも利用できるサービスです。手先の電話番号をダイヤルする前に格安SIM会社独自の認識番号を付加して電話をかけて接続します。安い回線を経由するため、相対的に通話料金が安く、5分間無料など様々なプランを提供しています。
さらに通話品質も大手携帯電話会社とほとんど変わらないため、快適に通話ができる特徴もあります。

また、認識番号付加方法もスマートフォンであれば、格安SIM会社のアプリを利用することで自動的にダイヤルする形式をとっていることがほとんどですが、ガラケーでも手動でダイヤルすることによって同じサービスを利用できるようになっています。
電話番号帳に予め登録を促している格安SIM会社もあります。

IP回線を利用した通話し放題について

こちらの方式は、データ通信を利用して通話を行うため、ガラケーでは利用できないサービスです。一般的なガラケーはAPN設定変更ができないため、データ通信が行えません。
そのため、スマートフォン専用の通話し放題プランと考えてもよいと思います。

このように2つの方式が一般的ですが、区別が難しいかもしれません
一番簡単な見極め方は、契約する際の注意書きに緊急電話ができませんと書かれている場合や、相手先に正しく電話番号通知が行えない可能性があると書かれている場合には後者の接続方式が採用されている可能性が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加