HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 格安SIMの通信速度について【上手に使うコツを教えます!】

格安スマホ・MVNOまとめ

格安SIMの通信速度について【上手に使うコツを教えます!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMのを利用する場合のコツ、注意点などを、主に速度という観点から説明します。
格安SIMは少々クセのあるサービスなので、事前にそのクセをしっかりと認識してから利用することが必要です。

どれくらいの通信スピードが出るのか

格安SIMの業者は様々ありますが、通信の最高スピードは現在のところ、大体どこも200Mbps以上の設定になっています。

しかしこれはあくまでも技術規格上の最高値であって、実際はそんな200Mbps以上なんていう速度は出ません。出ても数十Mbps、ふつうは数Mbpsといったところです。

しかし2~3Mbpsも出ていれば動画もそこそこ快適に見ることが出来ますから、数十Mbpsも出ていなくても大丈夫です。

制限機能を上手く使うのがコツ

8--3

格安SIMでは細かく料金コースが設定されていて、月の通信容量が決まっている場合が多いです。例えば、月に3GBのコースで契約すれば、その3GB分の通信は高速通信を行えます。高速通信の最高速度は、上記で書いたように最高値は現在のところ200Mbps以上くらいになっています。

そして3GBを超えてしまうと速度制限がかかります
制限が掛けられると、ほとんどの業者では200Kbpsというスピードになります。
200Kbpsというスピードは、かなり遅いです。

ネットをするのに快適とは言いがたいレベルです。
メールアプリを使うくらいはできますが、ゲームなどはまず無理です。
動画は最低の画質ならなんとか見れるというような速度です。

格安SIMのサービスでは、自分でこの制限状態をキープしておくことが可能な業者が多いです。制限をかけてある間は、月の高速通信できる容量を消費しないので、通信容量を節約できるのです。この制限状態と高速通信を上手く使い分けていくことが格安SIMを利用する上でとても必要なことです。

時間帯によってかなり違う

格安SIMの速度は、業者によっても多少の違いはありますが、実は利用する時間帯による違いが一番大きいです。業者による違いは、「あそこの事業者のスピードが速いようだぞ」「あそこの業者は遅いようだぞ」というクチコミ効果で短期間のうちに利用者が業者乗り換えを行うので、すぐに平準化されていきます。

それよりも時間帯でのスピードの違いが大きいのが格安SIMの特徴です。
たとえばネットをやる人がほとんどいない深夜は、とても快適にネットをすることができます。数十Mbpsという数字をたたき出すこともあります。

しかし、みんながネットをする時間帯の夜のゴールデンタイムなどは、かなり遅くなります。場合によっては制限をかけられているような遅さになってしまうこともあります。

ゴールデンタイムにはあまり快適に通信できないことは覚悟する必要があります。この時間帯による通信スピードの違いは、だいたいどこの業者でも似たような状況にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加