HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > 気になる!?2016年度から始まったMVNO新サービスの使い勝手は?

格安スマホ・MVNOまとめ

気になる!?2016年度から始まったMVNO新サービスの使い勝手は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、どんどん人気が高まってきている格安SIM(MVNO)です。MVNOは、頻繁に新しいサービスを展開します。ここでは、U-mobileをはじめとした2016年度のMVNOが出した新サービスを紹介します。

目次

そもそも、なぜMVNOが人気?

yuka20160818503514_tp_v

格安SIM、通称MVNOはここ数年で一気に知名度が高くなってきたサービスです。今まででは、携帯電話=docomoなどの大手三大キャリアと契約をして使うのが一般的でした。ただ、毎月最低でも6,000円や7,000円ほどします。毎月、7,000円も払っていたら、生活費としてはかなり痛手になります。

そこで、毎月安い料金でスマートフォンを運用できるMVNOが世に出てきたのです。使うデータ容量やMVNO会社によって、毎月に料金はさまざまですが、だいたい月に1,500円~2,000円ほどで三大キャリアと似たような契約内容のものが使えます。料金の高さが、スマートフォンユーザーのMVNOへと移行を決めた最も大きな理由でしょう。

ただ、MVNOもメリットだけではありません。安さの故か、通信の安定度に不満を持っているユーザーもいるようなので、まだまだ性能の向上を期待したいところです。

IIJが支援しているU-mobileの「U-mobile PREMIUM」はどうか

では、ここから2016年度に始まった新サービスの使い勝手を見ていきましょう。まずは、U-NEXTから今年7月から始まったU-mobile PREMIUMについてです。このU-mobile PREMIUMは、LTE通信が使い放題が最大の特徴で、データ通信のみなら月額2,480円で、またデータ通信と音声通話なら月額2,980円で利用できるサービスです。

このU-mobile PREMIUMは、U-mobileが従来同料金で提供していた「LTE使い放題プラン」の進化版のようなもので、IIJmioのIIJが支援しているサービスです。「LTE使い放題プラン」よりもさらに通信品質の向上を狙ったものです。

果たして、実際の通信速度はどうなのでしょうか?どこまで快適に使用できるのでしょうか。通信速度は測定地域によってばらつきが出ますが、今回は東京都千代田区でのある測定結果を参考にします。

・2016/8/8 (下り最大)

10:30以降 12.01Mbps

12:30~12:40 0.18Mbps

19:30~19:40 0.83Mbps

最後の2つでは0Mbps台ですが、朝には10Mbps付近まで速度が出ているので、従来のLTE使い放題プランよりもかなり向上しているようです。LTE使い放題プランでは平均0Mbps台とかなり不満の声が多くありました。

ちなみに、U-mobile PREMIUMでも、U-mobileの他の通信サービスと同様に、他のユーザーの通信に影響を与えるような大量データ通信を行なった場合には、通信を制御する場合があるので気をつけたいです。詳しい通信制御のルールは公開されていません。

U-mobileの申し込みはこちらから

LINEやTwitterなどのSNSがデータ消費なしで使えるLINEモバイル

続いては、私たちが日頃から使う無料通話アプリのLINEから発売されたMVNOです。このLINEモバイルの最大の強みは、何と言っても、LINE、Twitter、Facebookのデータ消費がカウントされないという画期的なサービスでしょう。普段から、特にこの3つのソーシャルネットワークはよく使います。

LINEモバイルの、LINEフリープランとコミュニケーションフリープラン(LINEに加えて、TwitterとFcaebook)がデータカウントフリーになっています。

しかし、LINE自体はそこまで多くのデータを使わないのが現実のようです。カウントフリーはあくまでも「おまけ」程度と思っていたほうがいいでしょう。1メッセージを送信するのに消費するデータは、多く見ても1KBくらいですので、1,000メッセージしても約1MB程度です。そこまで、メッセージでは「お得感」はありません。

ただ、LINEの無料通話では消費データ量が若干変わってきます。もちろん、LINEモバイルではこの無料通話もデータ消費なしで使えます。無料音声通話は、40kbpsほど消費します。しかし、1時間話して18MB、そこまで大きなデータ量ではないので、気にしなくてもいいです。

ビデオ通話では、1時間で270MBのデータが消費されます。ビデオ通話に必要なデータ量は、通信品質によって変わってくるのですが、基本的に上記のデータ量くらいと思っていて問題ありません。

LINEモバイルの強みは、自宅にWiFiがなくて、このビデオ通話をたくさん使う人です。友人や恋人などと、頻繁に相手の顔を見ながら通話を楽しむたいなら、このLINEモバイルがいいでしょう。

LINEフリープラン(データSIM)は月額500円(1GB)で、コミュニケーションフリープラン(データSIM+SMS)は3GBから10GBまであり、それぞれ1,110円(3GB)、1,640円(5GB)、2,300円(7GB)、10GB(2,640円)となっています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加