HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > 中古au版iPhone 6sが急に人気が出ている!?au版にしかない魅力的な理由を紹介

格安スマホ・MVNOまとめ

中古au版iPhone 6sが急に人気が出ている!?au版にしかない魅力的な理由を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneはとても高額なスマートフォンです。新品は当然、中古品でもそこそこの値段がつきます。

そこで、今回は密かに人気が出ている「au iPhone 6s」について紹介します。みんながあまり知らない情報なので、貴重です。

目次

中古iPhoneはdocomoが圧倒的に人気

現在、中古iPhoneを取り扱っている店舗や個人はたくさんあります。個人でもインターネットを中心に販売している人はとても多くいて、中古のiPhoneを手に入れることはそこまで難しくはありません。

しかし、入手は困難ではないにしても、なんせiPhoneは高い。これはiPhoneの人気が出た頃からずっと言われていることです。たとえ、数年前のモデルであってもなかなか値段は下がらず、売る側からすれば勝ちがあまり下がらないので良いですが、私たちのような買手にとってみれば、厄介です。

日本国内では、docomo、SoftBank、auなどの三大キャリア、そしてAppleStoreからSIMフリー版が販売されています。

中古になると、SIMフリー版がかなり品薄で、大半の格安SIMが使えるdocomo版が一番人気です。docomo版のiPhoneであれば、SIMロック解除をしなくてもそのまま格安SIMが利用できるので、人気の理由は明白です。

一方で、SoftBankやau版のiPhoneでは、一部の格安SIMが使えますが、基本的にわずかなので選択肢としては難しい状況になります。

ちなみに格安SIMとは、別名MVNOとも呼ばれ、格安の料金でスマートフォンを運用できる現在とても人気のあるサービスです。これから、ますます知名度・シェア率が上昇することが予想されます。

今回紹介するのは、人気のdocomo版iPhoneではなく、別のキャリアの中古iPhoneです。

SoftBankやau版は遅れをとっている

少し述べましたが、docomo版以外の中古iPhoneはやや遅れをとっています。au版であれば、まだ数社MVNOが使えるので、マシです。

しかし、SoftBank版であればb-mobileが今年の3月にMVNO参入しましたが、まだ少ないのが現状です。

ここで、中古iPhoneを購入する人の目的を考えてみましょう。たくさんある目的ですが、最も多いのが安価な値段でiPhoneを購入したいことでしょう。他には、安いiPhoneを買って格安SIMで運用したい、などが一般的になるでしょう。

この理由をもとに考えてみても、SoftBank版やau版iPhoneがdocomo版iPhoneに勝てる理由は多くありません。SoftBank版やau版の中古iPhoneを購入しても、結局キャリアと契約して高い料金で毎月運用しなければいけないからです。

au版iPhoneの人気の鍵は「SIMロック解除」

docomo版中古iPhoneではなく、他のキャリアの中古iPhoneが「今」アツいと書きました。それは、au版です。

「え?なんで?」と思う人も多いかもしれませんが、これには大きな理由があります。

それが、総務省が義務付けした「SIMロック解除義務化」です。大手三大キャリア全て、iPhone 6s以降の端末で販売から180日経過したものであれば、SIMロック解除が可能となります。条件自体はとても似ていますが、ここで注目がdocomo版とSoftBank版のiPhoneでは、新品時の購入者のみがSIMロック解除を申し込めるのに対して、au版であれば購入者以外でもSIMロック解除ができるということです。

これにより、中古で買ったau版iPhoneであっても、条件をクリアしていればSIMロック解除が可能になります。対して、docomo版やSoftBank版なら中古で購入した場合、SIMロック解除ができない可能性があるのです。

中古で購入した際、販売者がSIMロック解除をしていなければ、たとえキャリアの条件をクリアしていても購入者でないあなたはSIMロック解除を申し込めないということになります。この事実は、意外と知らない人が多いです。

中古iPhoneを選ぶポイント

中古iPhoneを選ぶ際に、店舗によってはSIMロック解除が可能な日付を記載しているところもあります。中古品を購入したのは良いが、SIMロック解除ができるまでどのくらい待てば良いのか不明な場合は面倒です。端末を売った販売者にいちいち聞きにいくわけにはいきません。

記載といっても、大抵は中古iPhoneにそのまま日付が書いているシールが貼ってある場合が多いです。また、もし記載がなかったら店員さんに聞いてみるのを良いかもしれません。

せっかくiPhoneを購入するのなら、今後も使えるものがいいです。今回の記事を参考に、au版iPhoneを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加