HOME > すべての記事 > スマホ豆知識 > スマートフォンやタブレットのホコリや汚れを一斉掃除!

格安スマホ・MVNOまとめ

スマートフォンやタブレットのホコリや汚れを一斉掃除!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンやタブレットを使っていて、画面やイヤホンジャックにホコリが溜まり汚いと感じる人は多いでしょう。

スマートフォンも掃除をしなければ、どんどん汚れがたまってしまいます。今回は、スマートフォンについた菌や汚れをきれいにする方法をみなさんとシェアしていきます。

目次

洗浄法

どのようにして雑菌がつく?

yota82_mushimegane15114606_tp_v

「スマートフォンに付着している菌の量は、便器の18倍にもなると言われているとか」。毎日手に触れるものがこんなに汚いのは、とてもショッキングなことです。

一見スマートフォンの液晶画面は傷がなく、綺麗に見えるものですが、スマートフォンは頻繁に手に触れるものです。何気無く触っている液晶画面には目には見えないホコリや菌が付着しています。

しかも、手にもたくさんの菌があってお手洗い後などに手を洗浄するのとは違って、普段スマートフォンを清掃する習慣のある人は少ないと思います。

そうすると、時間が経つにつれてどんどん汚れがたまっていく一方です。スマートフォンやタブレットはタッチ操作が基本になっており、なので菌が付着した手で画面に触れることは日常的なことです。

しかし、液晶保護フィルムを貼っているので雑菌はできているのでは?と思う人もいるかもしれませんが、液晶保護フィルムには雑菌効果はありません。あくまでもキズなどから守るものです。

ただ液晶フィルムによっては雑菌を減少させる効果のあるものも発売されているので、それらを選べばいいでしょう。

スマートフォンから菌をえるだけではなく、スマートフォンを触った手で食事をすれば雑菌を一緒に口の中に入ってしまいます。食事の他にも、傷口を触るのも危険です。

雑菌が繁殖しやすいのが、30度から40度と言われており、スマートフォンを充電したり、カバンに入れている時にはその温度になってしまうことが多々あります。

洗浄前の準備

いざ洗浄する前に、いくつか準備があります。まず、画面を拭くためにティッシュペーパーは油分を拭き取るのに不向きなので使用しない方が望ましいです。

また液体などを使う場合は、電源端子の中に侵入させないようにしましょう。もし中に入ってしまえば、故障の原因になるかもしれません。

専用クリーニングクロスを使い洗浄する

一番効果的な方法としては、専用のクリーニングクロスを使い洗浄してあげることです。ただ単にティッシュで拭き取っても雑菌効果が期待できないので、マイクロファイバーや極細繊維、抗菌加工がある素材を使うことが重要になってきます。

ここで注意したいのは、いくらクリーニングクロスに細菌効果がったとしても、クロスを一切洗わなければクロスに細菌がついて、その最近のついたクロスでスマートフォンを拭いていることになります。

クリーニングクロスは定期的に洗浄するようにしましょう。

クリーニングキットを使用する

クリーニングキットとは、液体タイプの洗浄クリーナーのことです。スマートフォンの画面に液体をつけて、クリーニングクロスを使いきれいに拭き取ります。除菌効果もあり、汚れの再付着も抑える効果があるので重宝するでしょう。

液晶用のウェットティッシュを使う

普段の生活でウェットティッシュを使っている人は多いのではないでしょうか。

最近では、スマートフォンの画面を洗浄するためのウェットティッシュも販売されています。もともとティッシュに除菌作用のある液体が含まれているので、手軽に洗浄ができます。

消毒用アルコールで洗浄

スマートフォンの直接的な洗浄道具ではないですが、消毒用のアルコールやエタノールを使って洗浄するのも非常に効果があります。

消毒用のアルコールやエタノールなら、街のドラッグストアなどで気軽に手に入れることができるので、わざわざスマホ専門店などで専用洗浄品を購入しなくても大丈夫です。

また消毒用のアルコールやエタノールなら、家の中に一つはあるかもしれません。一度探してみてはいかがでしょうか。

こんな洗浄法はNG

最後に、やってはいけない洗浄方法をいくつか紹介します。

端子部分の掃除で、ボンドを流し込んである程度、溜まったら拭き取るという方法がありますが、拭き取った際にボンドが残ったり、本体にボンド液が流れ込んだりと何かとリスクがあるので、オススメしません。

スピーカーやマイク部分のホコリを拭き取るために、口で拭くのはつばが内部に入り込んでしまう可能性があるのでオススメしません。

普段あまり洗浄する機会のないスマートフォンですが、意外にも汚れはたまっています。毎日する必要はありませんが、毎日使う機会だからこそ時間がある時に少し掃除をしてみてはいかがでしょうか。想像以上にたくさんの汚れが取れるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加