HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > 今さらだけど.. スマートフォン・タブレットのいいところを紹介します

格安スマホ・MVNOまとめ

今さらだけど.. スマートフォン・タブレットのいいところを紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトで、スマートフォンやタブレットの便利機能やニュースなどをたくさんお伝えしています。今回は、改めてスマートフォンのいいところをまとめました。

今更ですが、スマートフォンのメリットを再確認してみましょう。

目次

画面が大きいので迫力がある

スマートフォンの最大の魅力、従来の携帯電話(ガラケー)と一番違う点は、画面の大きさです。タッチパネルを使い操作するスマートフォンには、物理的なボタンがありません。その代わりに、大きな大画面があります。

この大画面を使い、動画や映画などを最高の迫力感で楽しむことができます。動画だけではなく、ゲームもよりリアルにできます。

ガラケー時代には、予想もできなかったスマートフォンの進化です。

アプリを使い何倍も便利に

スマートフォンの醍醐味とも言えるのは、アプリです。非常に豊富なアプリの種類が存在しており、私たちの生活では欠かせないものになっています。

ゲームから健康管理アプリなど、とても幅の広いアプリがあるので、高性能なスマートフォンを何倍も便利にしてくれるのがこのアプリです。

また、アプリを使うとGoogleなどのインターネットブラウザからアクセスするより快適に操作ができるので、とても便利です。

アプリは自分でも開発ができるのを知っていましたか?開発環境さえ整っていれば、アプリを作り公開することができます。あなたが開発したアプリは世の中に送り出されるのもそう遠くないかもしれません。

スマートフォンは「小さなパソコン」

初代iPhoneが世の中に発表された時に、スマートフォンは「小さなパソコン」という認識がありました。その表現はとてもいいもので、まさに他の言い方をすると「小さなパソコン」になります。

携帯電話とはどこか違い、でもただのパソコンでもないスマートフォンは、コンパクトな持ち運べるパソコンです。

小さなパソコンをポケットに入れて持ち運べる時代が来るなんて、誰が予想したでしょうか。

無料で通話ができる

ok76_telsuruta-toru20141221140154_tp_v

無料通話アプリを使い、友人や家族と通話を楽しんでいる人は多いと思います。LINEがその筆頭でしょう。通話時間を気にすることなく、何時間でも無料で話せるのは無料通話アプリの最大のメリットです。

従来のLINEでは、通話音質がイマイチだったのですが、最近ではかなり音質が改善され、声の延滞なども少なくなっています。

LINEだけではなく、他に音質のいい機能性が優れた無料通話アプリが存在するので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

私がオススメするのは、紫のアイコンが特徴の楽天グループ「Viber」です。世界8億人以上のユーザーがいる、大規模の無料通話アプリになります。

「Viber」の一番利点は、通話品質が非常に高いことです。また手書きで文字や絵を落書きすることもできるので、エンターテイメント性もある無料通話アプリです。

スマートフォンだけじゃなく、パソコンでも利用ができます。

スマホ一台で何冊もの本を読むことができる

何冊もの重たい本は必要ありません。スマートフォンを持って入れば、一台で何冊もの本や漫画が読めます。それが、「電子書籍」というものです。

本はとても重いです。それがスマートフォンという小さな機械に全て集約できるのは、非常に便利です。また、紙を使わずデータ化するので環境にも優しいです。

音楽が聴ける

従来では、携帯電話の他にiPodなどの音楽再生プレイヤーを使っていた人は多いと思います。音楽プレイヤーも非常に優れたものですが、携帯電話と2台持つのは忘れたりと何かと不便でした。

スマートフォンを使えば、電子書籍も同様に、一台にまとめることができるので荷物がかさばることがありません。最近のスマートフォンの音質は高いです。

とにかくかっこいい

機能性だけではなく、とにかくデザインがかっこいいです。スマートフォンを持つことはファッション的な要素もあり、ケースなどもおしゃれにすることができるので、オリジナリティーに溢れています。スマートフォンを片手で使いこなす姿は、もはや「絵」になっています。

改めてスマートフォンの魅力を考えてみると、数十年前には予想もできないものが発明されていることがわかります。もう私たちの生活の一部になっており、利用しているユーザー数もどんどん増えているスマートフォンですが、今後さらに機能性、デザイン性ともに進化してくことが考えられます。

あまりにも便利すぎて「スマホ中毒」にならないように気をつけましょう。1日のうちで操作する時間を制限したり、夜寝る前には操作しないなどの工夫をしないと、いくら便利なもので日常生活に支障をきたしてしまう恐れがあるので、ほどほどに。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加