HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > 意外と使っていない?Bluetoothを活用してスマホももっと便利に

格安スマホ・MVNOまとめ

意外と使っていない?Bluetoothを活用してスマホももっと便利に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンを使っている人で「Bluetooth」が何かを知っている人は少ないと思います。それ以上に、実際に使っている人はさらに少ないでしょう。

しかし、このBluetoothを使いこなすと、スマートフォンやタブレットなどの機器が何倍も便利になります。今回は、Bluetoothについて書いていきます。

目次

そもそも「Bluetooth」とは?

まず最初に、「Bluetooth」はどのようなものなのかを知る必要があります。「Bluetooth」とは、デジタル機器の近距離間データ通信に使う無線通信技術の一つです。Bluetoothでは、対応した端末でワイヤレスで通信が可能なので、WiFiとにたような仕組みになります。

イヤホンやスピーカー、キーボードなどいろいろなものに対応しています。WiFiとの違いは、WiFiでは複数の機器を接続することを基本としていますが、Bluetoothは基本的に1対1での通信になります。

また、通信可能な距離もWiFiのように長くはなく、数メートルから10メートル程度と言われています。通信速度もWiFiと比較してかなり遅いです。

ただ、Bluetoothは消費電力が少ないのが特徴です。

Bluetoothでできること

pak135151342_tp_v

では、具体的にBluetoothでは何ができるのでしょうか?上記でも少し述べましたが、Bluetoothはワイヤレスなので線がありません。ケーブルが絡まってイライラする必要がないので、とても使いやすいものです。

まずは、イヤホンをワイヤレスで接続し、通話や音楽を楽しむことができます。外を歩いている時でも、ワイヤレスなので線画が絡み耳からイヤホンが取れる心配がない一方で、イヤホンがない分無くした時に気づかないケースもあるので気をつけてください。

もちろん、スマートフォンをポケットに入れたままで通話が可能です。

その他には、スピーカーと一緒に使えます。Bluetooth製品なら置く場所は関係なく、無線で転送できるので、家の中に置いたスピーカーに音楽を飛ばして聞くことができます。リモコンのような感覚です。

キーボードも利用可能になります。キーボード入力に慣れていない人にとって、Bluetoothを使うことでより簡単に入力ができます。

Bluetoothではこれ以上に、たくさんできることがあります。次は、Bluetoothの使い方について紹介します。

使い方は?

Bluetoothを使うには、つなぐ機器同士を「ペアリング」する必要があります。iPhoneとAndroidでは設定方法が異なります。順に設定方法を紹介します。

まずは、iPhoneです。設定するときはスマートフォンとBluetooth機器をできるだけ近づけます。

そしてiPhoneの設定画面から「Bluetooth」をタップ、オンにしましょう。そうすると周辺にあるデバイスを検知してくれます。デバイスをタップし「接続済み」となれば、接続完了です。

続いてAndroidの設定方法です。設定画面を立ち上げて「Bluetooth」とタップします。そしてオンにしましょう。そしたら周辺にある機器を検出してくれ、ペアリングの要求があれば「OK」を押して設定完了です。

OSのバージョンによって設定方法は若干異なりますが、基本的にBluetoothをオンにすれば自動的に感知してくれるので、そこまで難しい設定は必要ありません。

購入前にどのBluetoothが対応しているか確認

Bluetoothに対応している機器だから、全て使えるということではありません。Bluetoothによって、バージョン、Class、プロファイルといった「規格」が存在します。

Bluetooth製品に、「iPhone6対応」など、利用するスマートフォンが対応しているかをチェックする必要があります。バージョンとは、機能や通信速度に影響するもの、Classは通信距離に関するもの、そしてプロファイルは機器ごとの通信手順を規定したものです。

バージョンが上がるごとに、機能の追加や通信速度の高速化が行われます。Classは通信距離です。ClassにはClass1~3があり、Class1 では最大100m、Class2では最大10m、そしてClass3では最大1mとなっています。

使う用途に合わせて最適なClassを選択するといいでしょう。

3つ目のプロファイルは複数あり、機器同士で対応するプロファイルの種類が違うと接続できないので、必ず購入する前に確認しましょう。

これら3つは、Bluetooth製品の箱やWebページに記載されているので、チェックしてみてください。もしわからなければ、購入する店舗などに問い合わせてみるといいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加